テレアポに苦しむ新人へ。テレアポでアポがとれない6つの原因と改善点

仕事・働き方

 

テレアポに苦しむ新人・若手社会人達へ伝えます。

テレアポは、電話を受けてみないとその人のトークのクセなどがわかりません。

喋ってる本人はわからないものです。

 

私は今、ものすごい勢いでテレアポがかかってきていて、断りまくっています。

中には上手な人もいますが、ほとんどがドヘタです。

“テレアポを散々受けた側から見た、アポがとれないよくある原因&改善点”を6つあげます

原因を克服せずに上達するわけがありません。

当てはまったら直していきましょう。

テレアポでアポがとれない原因と改善点

原因① 声がでかすぎ

受話器とったらすぐ大声の自己紹介。

最悪です。

こっちのオフィス内に響き渡っています。

すぐ受話器を遠ざけ、話なんてきくわけもありません。

すぐに切ろうと思います。

なのでアポまで絶対いきません。

改善点

そちらのオフィスがうるさいのか、

隣にいる上司にアピールしてるのかなんなのかしりませんが、

普通の声量で話しましょう。

気合いや元気で仕事なんてとれません。

まずはお客さんと会話」をしましょう。

話はそこから。

原因② 台本棒読み

数分間の決まったセリフをこちらは無言で聞き続ける状態。

こちらの様子は気にもしない。

このパターンすごい多いです!

ベテラン風の女性に多い感じがします。

自分のスタイル確立してるので社内では「できる人」とか言われてるんでしょうね笑

できればこちらの様子を伺ってください。

一切話聞く気になりません。

終わるまで受話器置いたこともあります。

改善点

ロールプレイングのしすぎなので、

一回自分の声を録音して聞いてみてください(これはすべてに言える)

感情もない、未来の顧客を無視、自分のペース。

原因①でもいったように、「会話」を心がけてください。

友達と電話するときに台本作りませんよね。

原因③ すぐ諦めるやつ

「大丈夫です。営業いりませんから」

って言ったら

「あ、そうですか、わかりました!」

っていってすぐ引き下がるやつもアポとれません。

 

なにかこちらの興味のある話をしたり、多少粘ってもokです。

電話を受けてるこちら側も「テレアポしたことがある」ので、気持ちはわかるのです。

ためになる話が聞けるなら「会ってみようかな」と思わせることができます。

改善点

1つの商品で断られたからあなたは諦める。

2つ目の何かを準備してテレアポしましょう。

もし商材がなければ、世間話でもいいかもしれない。

業界の最新情報や、とにかくこちらが役に立つと思われる話を準備する。

とにかく、嫌がられない程度に、粘りましょう。

断られてからが勝負です。

原因④ 携帯電話からかけるな

最近は5割くらい、080や090から始まる携帯電話からかかってきます。

なんていうか、傾向として、

「携帯からテレアポするは出来ないやつ」が多い印象がある。

社内で周りに聞かれるのが嫌だからか、外にでてかけてるのだろうか。

なんか、タバコ吸いながら電話してる様子とかが想像できる人もいる笑

総じて、ダメ営業マンの印象が強いので、

出る前にもうアポはとれないことが決定している。(私の場合)

改善点

03から始まる電話番号からかけましょう。

社内で聞かれてもしょうがない。

アポとれない方が恥ずかしい。

喋りが下手なのは、若手はみんなそう。

先輩社員も偉そうに教育係とかやってるけど、新人のときは全員下手くそ。

 

とにかく社内でから堂々と電話しよう。

原因⑤ 話し方がチャラい

学生ノリが抜けてないのか、すごいチャラいやつがたまにいる。

社内では別に学生ノリでも仕事できれば全然問題ない。

だいたいそういうヤツのほうが数字を残す。

だけど、テレアポは別。

 

こっちとしても雑に切ってもいいやと思うので、

かなり邪険に扱います。

100%アポはとれません。

改善点

とにかく丁寧に大人のトークをしてください。

テレアポのときだけ二面性発揮して別人格作ってやりましょう。

俳優にでもなった気分でテレアポの役を演じましょう。

原因⑥ 用件を最初に言わない

電話とったらまず自己紹介やたら長い。

会社のことを延々しゃべるやつがいる。

「何の用」なのか、最初に言ってください。

それで興味あれば少しは聞くし、

興味なければ切るし。

お互い時間を有効活用しましょう

改善点 

名前と社名を名乗ったら、

何の用事が言いましょう。

そこでこちらがどんな反応を見せるかを注視。

その反応によって次のカードを選ぶのです。

まあ「興味ない」と言われる想定で準備しとくのが当然ですが。

さいごに

ということで死ぬほどテレアポされてるので、

記事にして若手のみなさんに伝えようと思いました。

とにかく一度、自分のテレアポトークを聞いてみてください。

それからがアポの確率アップのスタートとなります。

社会人みんなが通る道です。

ぜひ、頑張ってください!

 

もし求められればテレアポトーク上達コンサルもします笑

 

コメント