【WP】初心者がやったhttpからhttpsにリダイレクトする方法

Wordpress

WordPressでロリポップサーバーを使ってる方に役立つ、

http→httpsへの301リダイレクトの方法を紹介します。

ロリポップで301リダイレクトする方法

SSL化してhttpsにしたはいいが、httpのサイトが残ったままでした。

search consoleにも2つとも登録されている状態。

なんだかよくわからないので放置していましたが、

httpsにアクセス集約することで検索エンジン対策にもなるとのことを知り、
今回リダイレクト設定をしてみました。

1、ロリポップFTPでワードプレスの入ってる階層にある.htaccessという名前のファイルをクリック

.htaccessという聞き慣れないファイルを今回は触ります。

下手にさわるとサイトの内容が大きく変わってしまうので、今回追記する場所以外は一切触らないようにしてください。

 

下記の画像の一番上にあるファイルです。

これをクリックすると、編集可能な画面に移動します。

 

 

2、そのファイルに下記の赤字部分を書き加えます。

そしてそのファイルに下記の赤字部分だけを書き加えます。

必ず同じ場所にコピペしてください。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

 

今回行う301リダイレクトは「永久的なリダイレクト」

302というのもあり、こちらは「一時的なリダイレクト」

として使用します。

今回のSSL化であれば、永久的にリダイレクトしたいので、301で大丈夫です。

なので、上記の赤字の最後方に301と書かれていると思います。

これでokです。

3、確認してファイル保存

 

入力されている内容をしっかり確認し、保存します。

 

これで終了です!

 

4、できているか確認

下記のHTTPステータスコードチェッカーが便利です!

HTTPステータスコードチェッカー|複数URL一括検索&転送経路調査もOK

 

このサイトのウインドウにhttpから始まるURLを入力します。

ためしにもう処理の済んでいる当ブログのURLを入力してみました。

 

 

すると、httpのURLは301(永続的に転送)、httpsは200(正常に処理が完了)となり、問題なくリダイレクト設定ができていることがわかります。

 

これで今回のロリポップサーバー×ワードプレスでの301リダイレクトの設定方法は以上です。

 

コメント