外出先の急なぎっくり腰のおすすめアイテムと経過報告

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

ぎっくり腰になるまで

先日、少し腰の調子が悪いなと思いながらも約束があったので弟夫婦の家へ出かけました。

電車で1時間くらいの場所ですが、座ると痛いので車内ではずっと立っていました。

そして弟夫婦宅へ着き、WEBサイトのお手伝いを始めました。

ですが、ソファーに座るのもちょと痛い。

なんかもう座ってられないので、横にならせてもらって、モニターから作業指示を出すことに。

そんなこんなで座らずに1.5時間ほど作業を手伝い、無事終えました。

 

一人で歩けない

終わったので皆で焼き肉食べにいこうと家を出たところ、

「あ、歩けない、、」

歩けないのです。

腰が固まって動けない。

なので

二人に肩を貸してもらって家に引き返しました。

 

でも今日は帰らなければいけない。

泊まるわけにもいかない状況だったので一人で帰らないといけない。

そして薬局も閉まっていて湿布も買えないし、

日曜なので整形外科も行けない。

 

腰痛でも一人で歩けたグッズ

そんなとき弟夫婦が貸してくれたグッズがこれ

 

登山用のステッキ(杖)です!

まじで、これがあるだけでゆっくりですが、歩いて帰れました。

登山用のものです。

少し恥ずかしいですが、関係ありません。

このステッキは日常でこんな使い道があるのかと感動しました。

杖って、自分の体にかかる重さを軽減してくれるんです。

今まで人生で一度も使ったことがありませんでしたが、めちゃくちゃ役に立ちました。


※私は医療関係者ではありませんので、あくまで素人のぎっくり腰からの体験記としてお読みください。正式な処置方法などは医師等に相談してください。

ぎっくり腰の経過報告 2,3,4日目

日曜日にぎっくり腰発症し、月火は杖無いと歩けない状況が続く。

月曜に整形外科に行き、患部を温めるリハビリを施してもらう。

あと、寒いと痛いことを伝えると、お風呂入った方がいいとのことで、それからずっとお風呂入っています。

また、レントゲンとってもらったところ、骨には全く異常なし。おそらく筋力の低下が原因。

プールやストレッチをしたほうがいいとのこと。

ぎっくり腰の経過報告 5日目

5日目の木曜、ついに杖を外して仕事復帰。

咳すると痛むが、基本的に一日行動しても問題なし。

動かなかった腰の部分は「筋肉痛」のような状況に。

痛いけど、耐えられないこともない痛さ。

5日目にもなると活動できるようになるんだなと学びました。

夜には好きなアーティストのライブもいけました。(スタンディング)

ぎっくり腰の経過報告 6日目

6日目の金曜、普通に早起きして出社。

筋肉痛の痛さはあるが、日常生活は余裕。

下手に安静して横になってるよりもあちこち歩いて動いてる方が治る気がする。気がするだけなので正しい情報ではありません。個人の感想。

 

コメント