読みたい所だけ電子書籍で買えたらいいのでは?

WEB制作関連

普段Kindleで電子書籍読んでます。

最近は書籍はほぼ買わなくなってきました。

ですが、

電子書籍に向かない本の種類があるのです。

電子書籍に向かない本

小説とか、一方的にどんどん読み進めていくには電子書籍はちょうどいい。

けども、前に戻ったりする本、

例えば、「作曲」とか、「プログラミング」の本。

教科書、ノウハウ的な学習する為の本は非常に使いづらい。

電子書籍買ってもまた現物の書籍買い直すこともあります。

必要なところだけ買える

この話を最近、何冊も出版されている大ベテランの方と話してたら、

「一冊を分けて電子書籍で販売したらどうだ」

という案が。

必要なところだけ買う、

音楽配信でもアルバムの曲を一曲ごとに買えますよね、

あんな具合に学びたい箇所だけ買えるようにすれば、

必要な内容だけ手に入れることができて便利ではないか。

書籍一冊のボリュームが多すぎるんでしょうね、電子書籍として読むには。

コメント