「脱 受け身」 な生き方にオススメな2つの断捨離

その他

つい色んなことに目が行ったり、

集中出来なくなる方におすすめです。

 

私も自分の部屋で実践し、

「他者に惑わされず、自分の考えで選択」して時間を使えるようになりました。

その方法は「断捨離」です。

テレビを断捨離

一番効果があるのはテレビ。

これは「人が見せたい映像を見る機械」です。

「自分が生き方を選択する」ことの対極にあるものです。

受け身の最たるもの。

 

まずこれを試しにタンスかどこかへ隠しましょう。

どれだけ無駄な時間を過ごしていたか、

よくわかることでしょう。

主要なニュースはネットで見れます。

ワイドショーなんて時間かけて映像で見なくていいです。

一度試してみて下さい。

莫大な自由な時間が生まれますよ。

本棚を断捨離

そして本棚。

本棚は、

  • 「自分はこんな本を読んだんだ」と自己満足に浸ったり、
  • 家族や、訪れる友人に「自慢」したり、
  • 「コレクションしたもの」を眺めて見る

というものだったりしませんか?

なので意味ないですね。

時間があったら本棚眺めて適当にとり、

昔読んだ本をまた読む。

新しい発見はありません。

もしあるとしたら、

「読んでない」ってことです。

 

「過去の自分(なりたくない自分)が興味あったもの」

が「強制的に」今の自分に影響与えてしまっています。

 

過去に囚われてると新しいチャレンジの足かせになりますので、

本棚も処分し、

本も邪魔なので必要なもの残してほとんど売ってしまいましょう。

おわりに

部屋にモノが無い状態を一度作って「良さ」を感じて下さい。

今回は一番効果のある2つの断捨離でした。

この2つだけでもかなり自分の思考がスッキリするはずです。

コメント