業界未経験で33歳がweb業界に転職した話

仕事・働き方

30歳以上で未経験でIT・web業界、特に制作にチャレンジしたい方、非常に多いと思います

 

「業界は人手不足、、」

「未経験でも簡単に入れる、、」

 

などという話をたまに聞きますが、

そんなに甘くないのが現実です

 

ただ、20歳代など、

若ければ話は別ではないでしょうか

 

30歳越えての異業種未経験転職はどの業種でも難しいので、

これはweb業界でも当てはまります

簡単に採用はされないと思ってください

(上手いこといく方は羨ましいですね、、)

 

今回、参考になるかわかりませんが

33歳でマークアップエンジニア兼webデザイナーとして運良く採用された、

私の事例から話をしたいと思います

なぜ採用されないか

30歳以上の業界未経験者が採用されない理由は、

  1. 業界未経験なら若い方が将来性がある
  2. 業界未経験でアラサーにはある程度の制作の実務能力を求める(=本当は即戦力がほしい)

といった理由があがられます

業界未経験なら若い方が将来性がある

面接数社受けてみた上で感じたことで一番ネックだったのは年齢と数社から私は言われました

肌感覚としては、27,8歳くらいまでであれば未経験でも結構いけるのではないかなと

私は33歳だったので、これで結構弾かれたと思います

もし、20歳代でIT、web業界に転職考えてる方いれば、非常にチャンスですね!

 

例えば、下記の2つの講座は無料でITの講座を受けることができて、

就職支援もしてもらえる、未経験者でも歓迎の転職サービスです

 

 

こういったサービスが世の中にけっこう増えてきているので、

是非色々探してみてくださいね

業界未経験でアラサーにはある程度の制作の実務能力を求める

未経験者歓迎!

とよく求人に書かれています。

ですが、これを鵜呑みにして、

まるっきりの未経験で活動してもほとんど難しいです

未経験者歓迎!=業界未経験者歓迎!(ある程度はわかってるだろうな)

と思って私は活動していました

 

企業側もいくら人手不足とはいえ、

この年齢ではある程度制作技術が無いと採用できません

採用担当者も、採用の理由を社内に説明する証拠としての資料が必要です

未経験者歓迎でも、ポートフォリオ提出を求められるのはそのためです

web制作の能力がある程度証明するものを用意しましょう

 

どんなものを作ればいいか

何か架空のwebサイトを受注したとして制作してみるとか、

自分のサイトを作ってみるとか、

「ポートフォリオ web制作」

などで検索すれば色々勉強になると思います

もし実力をもっと付けたければ、下記のようなサービスを利用しても非常にいいと思います

Twitterでもけっこうこのようなサービスで学んでる方多いですね!

 

 

そして、そのポートフォリオ作りで挫折していてはたぶん入社しても難しいと思います

作っている最中に、

「自分はこれに向いているだろうか」

ということを考えながら作って下さい

楽しんで作れているなら、それはポートフォリオにも、

面接にも表情や話し方で伝わります

逆も然り

制作の手が進まなければ転職を考え直すのも手です

 

私の場合は、自分で作りたかった簡単につくれるwebサービスや、

このサイトを面接の時に提示していました

 

技術力はhtml,css,簡単なjavascript位しか持ち合わせていませんでしたが、

色々作ったり発信するのが好きなのが採用に繋がったかもしれません

 

何しろ、我々は齢で弾かれるので、ポートフォリオでアピールするしか道はないのです。

ポートフォリオができたら、いよいよ転職活動です!

転職活動

私はハローワークで紹介された求人で採用することができましたが、

ほかにも色々な転職サービスを使って活動していました

 

例えば、下記のような業界特化型の求人サイト

こういったサイト内にも未経験可の求人がありますので、チェックしてみてください

 

そして、キャリアアドバイザーが担当としてつくサービスも是非利用してみてください

業界の情報を多く持ったプロに直接相談しながら進めることが出来ます

業界未経験の場合は厳しい戦いになると思いますが、

それでも採用してくれる会社を紹介してくれる可能性があります

担当エージェントは求人企業の内情も知っていて、

求人内容に載っていない情報も持っています

未経験可でもニーズがある場合があります

おわりに

キモはポートフォリオだとほんと思います

自分が本当に興味のあるものを作ったり、(下手でもいいです)

好きなことを表現したほうがいい結果がでると思われます

 

無理して、かっこつけた制作物よりも、

作った理由をしっかり自分の言葉で話せたりできますし、

自分のやりたいことをアピール出来るので、

入社後にミスマッチが無くなるかもしれません

 

なので素直に作りたいモノを作るのが私としては非常におすすめです!

コメント