原宿にいるケケノコ族って何??

その他

原宿に謎の原色衣装でダンスする集団がいました。

雨だったのでテントの中で踊っていました。

まずは動画みてください。

この謎の男女数名が「ケケノコ族」です!!

ケケノコ族とは??

ケケノコ族とは、アーティストの ケケ・ヒサツネ(ひさつねあゆみ/リーダー)とK・エニシ・旭莉(神田旭莉/サブ)が発信する”こんてんぽらり~竹の子族《現代版竹の子族》”。

80年代、主に10代の若者の中で流行した原宿のストリートカルチャー「竹の子族」を、2017年からケケとエニシ目線で見つめなおし40年の時を越えて再びムーブメントを起こすために結成された。

公式HPより  

ケケノコ族の活動
 
既存の音楽にオリジナルのダンスをつけて踊ったり、更に踊りながら原宿を闊歩します。

【ケケノコ集会】→ダンス講座、練習会
【ケケノコ闊歩】→原宿内をダンスしながら闊歩すること

 
公式HPより  
 

公式ホームページを見たところ、

竹の子族の再来を目指す活動だそうです!!

で、竹の子族って何?と思った方、、

私もそう思いました。笑

竹の子族って何??

竹の子族(たけのこぞく)とは、野外で独特の派手な衣装でディスコサウンドに合わせて「ステップダンス」を踊るという風俗またはその参加者の総称。

1980年代前半東京都・原宿の代々木公園横に設けられた歩行者天国で、ラジカセを囲み路上で踊っていた。ブーム最盛期は1980年(昭和55年)で、この頃には名古屋市など地方都市の公園や、東京では吉祥寺や池袋でも小規模ながら竹の子族が踊っていたという。

wikipediaより

初めて知りました。

画像見ると、たしかにケケノコ族と似てますね!

 

こちらのまとめ記事が秀逸なので是非見てください

80年代『竹の子族』が輝いていた頃!!
1980年代前半東京都・原宿の代々木公園横に設けられた歩行者天国でラジカセを囲みド派手な衣装で路上で踊っていました。ブーム最盛期は2千人。ギャラリーは10万人を突破!!

 

そしてこんなDVDもありました

竹の子族の研究に是非どうぞ笑

 

コメント