学生賃貸マンションのビラ配りアルバイトの内情

仕事・働き方

よく大学受験や予備校の試験日に会場周辺で学生マンションのビラ配りをしているのを見たことありませんか?

私はサークルの友人の紹介で始めて、大学2年から4年までやっていまして、
最後の1年は東京の城南エリアの現場監督をしていました

このバイトは、やって損はない!と言い切れるメリットの多い変わったアルバイトです

この仕事の実情と、給料、自分の感じたメリット・デメリットなどをお話します

どんな仕事か?

大学生になる高校生三年生(浪人生も)を対象に、試験会場の外や、駅前、バス停で、学生マンションのA4サイズのチラシを配るバイトでした
(※これから話す内容は2004-2006年ごろのある一社での勤務経験談です)

もちろん、試験のある日、ほとんどが開始前に配布するので、
1月〜3月の早朝のみで、一回が一時間半で終わる仕事でした

2月だとだいたい毎日案件があり(監督だったので)、7時から9時の間で配布して、そのあと大学の授業に行ってました

給料は入りたてのバイトで当時は時給1400円。監督だと時給1700円+監督手当1000円/1現場。交通費別途支給。今はもっと高くなっているのでしょうか?

一回二時間くらいだとして毎朝4500円くらい稼いでから学校に行ってました。早起き出来るし、まあまあなバイトですね

大学2,3年はひらバイトで、だいたいいつも同じ監督のもとで配りまくってました。
4年になる前にその監督に推薦され、監督となりました

時給300円と手当1000円アップするだけですが、認められた感がすごかったですね。
仕事を認められたときの感動は大きいものです

ちなみに、学生マンションの契約があったときに、どの現場でチラシをもらったのかをしっかり会社はチェックしてるみたいで、僕が監督をしていた現場での契約が結構あったという話は後に聞きました
現場にほとんど社員はこないし、監督のいない現場ではズルしてチラシ捨てて帰るバイトもいたようですのでそうやってしっかりチェックしないといけませんね

やってよかった点

・初めて会う人と初対面で緊張しなくなった
これは後に新規開拓営業イベント現場でのコミュニケーション時に活かされるスキルとなりました

・早起きが出来るようになった
高校時代年100回遅刻していた自分が、冬に早起きする大学生活を送るとは思っても見なかった。。

・監督をしてると現場のメンバー(バイト5人とか)を束ねて指示出ししたり、報告書を出します。その報告書にはメンバーの配布能力をAからEで評価する項目があり、大学生ながら生意気なポジションを楽しんでいました。調子に乗っていました

・能力を把握した上での人員の配置や、配置場所の検討、現場で配布のコツを皆にレクチャーしたりして、用意されてるチラシ(早朝に400部とか軽トラで地面においてってくれる)をすべて配りきることを目標にしたゲーム感覚でやっていました。仕事ってよりゲームですね。今もそうですが。なめてますね

きつかった点

・2月の早朝は激寒です。手袋、耳あてしないと一時間半も外にいられません

・たまに神奈川の地方の試験会場に飛ばされると、一枚も配れない日があったりして、自分のせいではないのに凹みます。代わりに精神力はあがります

・立ちっぱなしがけっこう辛い。一時間半でも長いと思っているので、街でみんな8時間やってりしてる純粋にすごいと思いますね

チラシ配布の確率を上げるコツ・数をさばくコツ

・A4サイズの冊子配布してる人共通だと思いますが、とりやすいように丸めたり、折ったりする

・試験前で緊張したり不安だったりしてる学生を励ます

・地方から上京する学生を狙いたいので、荷物やファッションをよくチェックする

・コンバース履いてる学生は狙い目。もらってくれる率高め

・空いてる手にチラシを近づける

・空いているカバンに入れていいかと聞く

・急に差し出してびっくりさせててにとってもらう(これはよくない)

・適当に声出して大勢に配布するのではなく、一人ひとりにしっかりターゲッティングする

・服装や持ち物を褒めてから配る(これはかなりやっていました)

・腰高まで頭を下げてお願いする
(これはバイトの一番トップの「総監督」と皆に呼ばれていた方がやっていた手法です。一番えらいのに、一番頭を下げて配布していたスタイルに私は一生付いていく決心をしました)

・うちはただの冊子だけで配布していたにもかかわらず、中身にホッカイロ入れてる他社より配れていたので、中身は関係ないです

このバイトがオススメな人

・人見知りをする方

・将来営業マンになるであろう方

・時間を有効活用したい方(このバイトのあと仕事に行く社会人の先輩もいました)

さいごに

このバイトの会社は僕が大学四年のときに学生マンション事業から撤退したのでもう今はやっていません。

事業撤退を直接、社員から聞いたのはみんなでお花見をしているとき。
みんなで「タダでもいいから配らせてください!」って社員にお願いしたのは若き日の良い思い出です。

コメント