\ 最大10%ポイントアップ! /詳細を見る

GIANTのESCAPE R3のギアカバーのゴムが劣化したので交換した【シフトレバー】

当記事はアフィリエイト広告を利用しています。
ブログを書いているのはこんな人

使っていて味わいが出てくるモノが好きな1984年生まれの39歳の東京在住の独身男(ENTJ)です。なるべく持ち物は少なくしたいので、いいものをケアしたりして長く使いたいと思っています。あと、集団行動が苦手でサラリーマン向いていないので一人で仕事をしています。今の悩みは眼精疲労と猫背改善したいこと。

購入してから15年ほど経ったGIANTのESCAPE R3ですが、

ハンドル横の変速ギアを操作するハンドルのレバーのゴムが劣化してボロボロベトベトになってしまったので、自転車屋さんでプラスチック製の新品に交換してもらいました。

もくじ

交換前のボロボロのギアカバー

家族に貸していた2,3年くらいは屋外放置で風雨にさらされていたようでゴムが劣化していました。

左はボロボロすぎて取れてしまいました。右はかろうじて残っていました。

どちらもベトベトですし、使っているうちにポロポロと崩壊していく状態でした。

とれてしまった左はギアチェンジがスムーズにできないのでこれはもう交換するしかありませんでした。

新しいシフトブレーキレバーを購入

近所のサイクルスポットという自転車屋さんに相談したところ、同じ商品はもう廃盤で売ってないとのこと。

なので新しいプラスチックのレバーを仕入れてくれて取り付けてもらいました。

SHIMANOのシフトブレーキレバーを取り付けてもらいました。

ギアチャンジするレバーをシフトレバーというんですね。

今回はブレーキレバーも一緒に交換してもらいました。

ST-EF500-L2AとST-EF500 右2フィンガー(8S ESTEF5002RV8AL)という商品でした。

ネットでも買えますが、自分は初心者すぎて作業なんてできないので店員さんに作業を依頼しました。

シフトレバー自体はネットでも買えます。おそらく下記のような商品です。(ご自分の自転車に合うものをしっかり選んでご購入ください。)

新しいシフトレバー装着

無事取り付けてもらいました。

今までのゴムのシフトレバーより断然使いやすく、劣化の心配もなくとても良い修理だったと思います。

交換してもらってからはギアチェンジが楽しくなってサイクリングが捗っています。手にベトベトもつきませんし。

まとめ

今回はGIANT ESCAPE R3に最初からついていたシフトレバーとブレーキレバーを新品に交換したという話でした。

ゴムのレバーの劣化で困っている方は自転車屋さんに相談すればこういったプラスチックの使いやすいレバーに替えてもらえるのでぜひ相談してみてください。

また、このシフトレバーはネットでも買えますのでもしご自分で取り付けることができる方はそれもいいかと思います。

下記はネットで見つけた今回のものとおそらく同じような商品ですが、詳しくないためわかりません。しっかりご自分の自転車に合う部品をお選びください。

NEWS
YASU

レザー好きの私(当ブログ管理人)が国内メーカーと協力し、1本あれば何にでも使える便利なレザーケアアイテムを企画・商品化しました!
ぜひ試してみてください!
Amazonで購入するのが最も安くおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアお願いします!

コメントいただけると非常に嬉しいです!

コメントする

もくじ