アイドルネッサンスのFunny Bunnyは鬼編曲でエモ過ぎ

SPONSORED LINK

Funny Bunnyといえばthe pillowsの1999年リリースの名曲だ。

ロックバンドの骨太サウンドに乗せた強い詞に流れるようなきれいなメロディ。

僕はこの曲が大好きで、よく聴いていた。

そして先日、youtubeでMVを見ようと”Funny Bunny”と検索したら、発見してしまった。

アイドルネッサンス「Funny Bunny」(MV)

アイドルネッサンスのFunny Bunnyである。

これは本当にエモい。

なぜ今まで聴いてこなかったのか、、

最高にいい。

 

編曲がシンプルであるのもあるが、この子たちの表情がとてもいい。

真っ直ぐな歌声に強い決意をにじませる表情。

本家the pillowは聞き手へ向けて歌っているように感じていたが、
このアイドルネッサンス版は、「自分たち」に向けて歌っているようでもある。

 

キミの夢が叶うのは
誰かのおかげじゃないぜ
風の強い日を選んで
走ってきた

 

この強い歌詞で歌われるサビを冒頭に、そして石野理子さんのアカペラから始まる鬼編曲である。

ロックバンドの曲をこうアイドルソングに変えるんだなと感動もした。

私がこの鬼カバー曲を発見してドハマリした時にはアイドルネッサンスは解散してしまっていたが、
各々芸能活動を続けているようなのでぜひとも応援したい。

このメインボーカルを歌っていた石野理子さんは「赤い公園」のボーカルとしても途中加入で活動しているのでそちらも聴いていこうと思う。

 

ちなみに。このアイドルネッサンスのFunny BunnyのMV、できたものをメンバーが初めて見るという動画があるのだが、これもまたいい。

こちらを見てからMVを見るとまたいいのだ。

エモさに拍車がかかること間違いなし。

ぜひどうぞ。

~拍手喝采~【「Funny Bunny」MV初見】アイドルネッサンス

コメント