Amazon商品をお得に購入する方法 ▶ ▶ ▶

ローファーなど革靴のサイズが大きくてかかとが浮く場合の対処法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

フリマアプリや古着屋で革靴を購入した時にサイズが少し大きいことがありませんか?

本来はちゃんとフィッティングしてサイズぴったりのものを買えばいいのですが、値段が手頃で好みの靴だとついサイズ少し大きくても買ってしまいます。最近だとローファーのサイズが大きかったです。(本革のかっこいい靴が2ndSTREETという大手の古着屋で8000円だったので0.5cm大きいけど買いました)

そうした僕のように0.5cm、または1cmほど大きい時にサイズ調整するグッズを使用して調整ができます。

今回はサイズ調整グッズ、いくつかのパターンに分けて紹介しようと思います。

ご自分の好みに合わせて選んでいただければと思います。

皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス
目次

【具体的な事例】私が買ったサイズが大きいローファーの対処法

サイズ大きいローファーを履いた様子

自分の足のサイズは普段24.5cmなのですが、高円寺の古着屋さんで気に入った本革のローファーが安く売っていて、25cmだったのですが購入してしまいました。試着時は問題なかったのですが改めて別日に薄めの靴下を履いてでかけたところ、少し大きいなと失敗を確信しました。。

0.5cmの違いですが、この靴自体のサイズ感的にもう少し大きい作りのようで、体感的には1.0cmくらい大きく感じました。

そこで、キャンドゥで売っているつま先にクッションを詰めるグッズを購入して入れたところ、なんとかちょうど良いサイズ感で履けるようになりました。ですが、このキャンドゥのものは軟らかすぎて履いていると一つずつが結構薄くなってしまうので応急処置的なグッズかと思います。

キャンドゥのつま先に入れるクッション

しっかり対策するならちゃんとしたものを購入するのがおすすめです。

実際にこのローファーのサイズ調整をクリアした記事を書きました。インソールとタンパッドで解決したのでよかったら御覧ください。

あわせて読みたい
【実際に購入】ローファーのサイズが大きい場合の2つの調整グッズ紹介【革靴ならなんでも対応可能】 購入した革靴のサイズが大きくて困っている方への対処法として、サイズ調整グッズを実際に二種類購入して使ってみたので写真とともに感想をレビューしようと思います。 ...

インソールでサイズ調整する

調整の仕方は様々ありますが、まずは基本のインソールで調整する方法です。

インソールを入れることによりかかとかたつま先、全体的に靴の中の空間が狭くなりサイズ調整ができます。種類も豊富なので色々試してみるといいと思います。

デメリットとしては、全体が底上げされるので、かかとの高さが浅い靴(ローカットの靴、ローファーもそう)だとかかとの収まりが悪くなる恐れがあるので注意です。

その場合はつま先だけのインソールもあるので検討してみてください。

つま先にクッションを詰めてサイズ調整する

私のローファーでの事例と同じなのがこのつま先でサイズ調整する方法になります。

靴の中の前方にクッション的なものを入れ込んで、かかとをぴったりに合わせる方法です。イメージしやすいと思います。

友人に聞いたら、ティッシュを詰めるという方法を教えてくれました。応急処置的にはアリだと思いますが、長く履くのであればなにかしらしっかりしたものを購入するのがおすすめです。

シュータンの裏にタンパッド・クッションを貼ってサイズ調整する

ローファーなどの紐のない靴は足の甲の部分を締めることができないので、高めに作られていて空間が大きくなってしまっている場合があります。

そうした場合にはシュータンの裏にタンパッドと呼ばれるクッションを貼ることで足の甲とシュータンのフィッティングを良くすることもできます。

足の甲がしっかりフィットすると、足が前方に行かなくなるので大きいサイズでもちゃんとぴったり履けるようになるメリットがあります。

私が以前、革靴に実際に使って感じたデメリットとしては、シュータンの裏にテープで貼るので、そのクッションを剥がした時に靴の革の素材が少し剥がれて汚くなってしまったことが挙げられます。

ですが、サイズを調整して快適に履くという面では目的は達成されたのでそんなに気にすることもないと思います。

かかとにクッションを貼ってサイズ調整する

つま先に入れるクッションの逆バージョンがこのかかとにクッションを入れる方法です。

このかかとにクッションを入れるメリットとしては、サイズ調整にもなりますし、モノによっては靴擦れ防止にもなるので靴擦れの方にもおすすめなグッズです。

デメリットとしては靴を脱いだ時に入れていることが見えるということです。あまり気にしないのであれば問題ないと思いますが、オールデンとか高級革靴を履いているのに脱いだ時にクッションが見えてしまうのは少しかっこわるいかも知れません。そういう時には上に挙げたようなつま先やシュータンの裏で調整する方法をおすすめします。

まとめ

靴のサイズが大きい場合の対処法を靴の場所ごとにご提案させてもらいました。

どのアイテムがしっくりくるかは使ってみないとわからないので、ひとつずつが安価なので複数購入して試されるのが時間効率的にはベストではないかと考えます。

私もいくつかまとめて購入して試したりしていますので是非やってみてくださいね!

Amazon商品をお得に購入する方法

悩む人

少しでもお得にAmazonで買い物できる方法を知りたい!

かわしー

Amazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法です。

購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲットできます。(下記の表参照)

Amazon公式ページより

「Amazonチャージ」はどなたでも何度でも使えるお得なサービス。

積み重ねていけば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

Amazonチャージはこちら

※チャージ自体はすぐ終わるのでお買い物の前に是非やってみてください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
TOP
目次
閉じる