Amazon商品をお得に購入する方法 ▶ ▶ ▶

Using width with padding can sometimes〜が出たときの対処法【CSS】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ワードプレスでCSSを指定しているときに出てきたこの英文の注意書き

Using width with padding can sometimes make elements larger than you expect

解決していきます。

皮革・ブランド品の宅配クリーニング リナビス
目次

Using width with padding can sometimes〜は幅の指定の問題?

僕の場合、inputボタンのwidthを200pxにして、その内側のpaddingを10pxとろうとしたところ、

左に黄色い注意マークが出て、そこをマウスオーバーするとこの英文が出てきました。

色々と調べた結果、下記のようにpaddingの左右を指定しないようにするとこの注意マークは消えました。

 

要は、widthで幅の指定してるのに、同時にpaddingで幅を変える指定をするなということらしい。

サイズを同時に指定するとおかしくなるからどっちかにしないといけないということですかね。

とりあえず、幅の指定を片方だけにしたら無事進めたのでこの解釈で当分いきます。

Amazon商品をお得に購入する方法

悩む人

少しでもお得にAmazonで買い物できる方法を知りたい!

かわしー

Amazonチャージでの購入がおすすめです!

「Amazonチャージ」はAmazonギフト券にお金をチャージして買い物する方法です。

購入金額に合わせて最大2.5%のポイントをゲットできます。(下記の表参照)

Amazon公式ページより

「Amazonチャージ」はどなたでも何度でも使えるお得なサービス。

積み重ねていけば大きな額になるので、オトクに買い物したい方はやらなきゃ損ですよ。

Amazonチャージのご紹介

Amazonチャージはこちら

※チャージ自体はすぐ終わるのでお買い物の前に是非やってみてください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
TOP
目次
閉じる