職場が合わずストレスで今すぐに辞めたいと思っている方へ

今の職場に行きたくない。できることなら今すぐ辞めてしまいたい。と思っている方へ、私の意見を今回のブログでは書こうと思います。

目次

突然ですがいきなり結論

そんな職場は今すぐ辞めたほうがいいです。

なぜなら、あなたの働く場所は世の中にたくさんあるからです。

むしろもっとイキイキと働ける環境が他に絶対にあります。

その職場を探す旅に出たほうが、今の職場で辛い思いをして能力が発揮できないままストレスを抱えて年老いていくより何百倍も良いです。

私は上司運が悪く、1年ちょっとで退社しました

見出しに書いた通りなのですが、私は上司に恵まれずにすぐ新卒で働いていた会社を辞めました。

はっきりいってうつ病手前、もしくは病院に行っていたらうつ病と診断されていたかもしれません。

病院には行かなかったのでわかりませんが、毎日苦痛でした。

仕事内容がどうこうでなく、上司が本当に嫌でした。具体的に言うと1歳上の先輩と、教育係の8歳上の上司です。

あのまま働いていたら本当のうつ病になって何十年も社会復帰できない状態になっていたかもしれません。

勇気を出して自主的に退職することができて早期離脱の判断は正しかったと今でも思っています。

※その後1年間はメンタルを病み、引きこもりをしていましたが、それから事業を立ち上げ、現在まで元気に生活できています。あのまま働いていたらと考えると恐ろしいです。

環境変われば輝ける可能性あるので転職もあり

同じ業種の同じ仕事だとしても、職場や会社が違えば全然楽しく働くことができる可能性があります。

あなたがもしいまアパレルの店員さんをしていて、上司が嫌で辛くて辞めたい場合、普通に転職して同じアパレルの店員さんをやればいいのです。

アパレルの店員を辞める必要はないです。むしろ同じ職業であれば転職は容易にできますので、そうやって今の環境から早期離脱するのが自分のためにできる最善の選択になります。

仕事内容が辛い場合も転職を検討

仕事内容が激務で辛い場合もあります。

その場合も、全然違う業種に転職するよりまず、同じ業種ではどうなのか調べて見る価値はあります。

別の会社ではちゃんと定時で帰れる可能性がある場合があります。

あなたの会社の社風や体質が異常な場合があるので、いったん外部の友人や第三者に相談してみるのもアリです。

業界自体がブラックな場合は業界を変えることも選択肢に挙がります。

まずは社外の誰かに相談することが大事

同じ社内の先輩や同僚に相談するケースがとても多いですが、それははっきり言って無意味です。

同じ辛さを味わっている同僚からしたら「一人だけ先に辞めてほしくない」という思いをもたれたら真剣に相談乗ることはないですし、社会人経験が共に浅かった場合は正確なアドバイスができません。

そうした場合に両親や社外の知人、キャリアアドバイスができる方に相談することが大事です。ハローワークなども相談に乗ってくれます。

さいごに

私自身、うつ病手前な状態であったにも関わらず、勇気を出してブラックな職場を辞めることができた経験をしています。

普通はなかなか辞める勇気は出ません。

そんな方へ寄り添って相談に乗ってあげることができるのが私の能力と思い、様々な方のキャリア相談や職場の人間関係についてカウンセリングしてきました。

キャリア相談を事業としてやっておりますので、もし辛くて困っている方がいたら問い合わせよりご連絡をください。

転職に少し興味ある方へ

転職活動は無料でできるので、いい会社が見つかればラッキーですし、そうでなくても他の会社や業界のことを知れるとてもいい機会になります。

私はこれまで正社員で3社経験してきました。ストレスで辞めたこともあれば面白そうだからと飛び込んだ業界もあります。すべてとてもいい経験になっています。

無料で会員登録できるのでお気軽によかったらどうぞ。

リモートワークに興味ある方はこちら

フルリモートワーク求人に特化した転職サービスです。特別なスキルがなくてもリモートワークできる求人はたくさんあるのでぜひ覗いてみてください。

IT業界の方はこちら

IT系のエンジニア、Webデザイナーの方々向けに特化したエージェント型の転職サービスです。ITエンジニアの支援実績15年もある安定感のある会社です。

女性専門の転職支援サービスはこちら

このブログの半数は女性の方が見に来てくれているので、紹介しようと思いました。女性にしか分からないキャリアや転職の悩み答えてもらえる転職サービスです。

就職先の仕事・待遇・人間関係を知ることが出来る人材紹介サービスで、登録無料で女性のキャリアアップ支援をおこないます。

厳選した私のおすすめ本紹介

僕の人生に役立った本をこちらに紹介しています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次